1. HOME
  2. flaskoについて

flaskoについて

flasko is…

flasko(フラスコ)は、 科学者をもっと身近にするサイエンスメディアです。

科学は私たちの身近にありながら、その分野はとても幅広く、ひとりの力で理解をするのは到底不可能です。しかし、科学に関係する人も組織も多岐にわたっており、どのようにして集合知を得るのかは大変難しい課題です。

一方で、近年の不確実な世の中、特に2019年の年末から始まった新型コロナウイルスパンデミックによる仕事や生活の変化を起点として科学分野でも様々な変化が必要になってきています。これまで組織ごと、人ごと、分野ごと、で分かれていた科学に関するヒトや情報を共有して利用するオープンサイエンスの流れは今後、より強くなっていくだろうと考えています。

これからの未来に起こる様々な課題に対し、私たちはサイエンスコミュニティを活性化していく事でオールニッポン、オールサイエンスで立ち向かっていきます。まずは「科学者を身近にする」その為に、flaskoを立ち上げました。 Webメディアという場を使って、国内外の多様な研究者やその研究内容、日常の疑問などを発信していきます。

サイエンスメディアflaskoは、大学や企業だけで作られるものではないと思っています。大学、企業、行政、科学コミュニケーター、そして何より市民の方々の方々も含めた多様性のあるコミュニティが重要であると考えています。flaskoを盛り上げてもらえる様々なプレイヤー、メンバー、組織と一緒に、オープンサイエンスの実現を目指します。

flasko project 代表 早船真広

flasko solution

科学者をもっと身近にする
サイエンスメディア flaskoの運営

科学をきっかけに集まる
ユニバーサルコミュニティ 運営

その他、サイエンスに関わる企画・運営

and more…

flasko team

代表:早船真広

Co-Lab. 代表 サイエンスプロモーター
博士(農学)
国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ / 科博SCA 副代表
株式会社A-Co-Labo 取締役COO / 株式会社ユーブローム 執行役員
東京学芸大学 非常勤講師

1988年東京生まれ。2015年明治大学大学院 農学研究科 生命科学専攻 修了。その後、人事・採用コンサルティング会社にて、企業および大学向けに、主に新卒採用や各種研修の企画〜実施まで幅広く従事。
それら経験をもとに、2018年4月よりCo-Lab.の活動を開始し、サイエンスコミュニケーションに関する事業を開始。幅広い年齢層に向けた 科学イベントの主催、情報提供、出張講師などを行い、これまでに小学生から大人まで延べ2000名以上に科学の楽しさを伝えている。 また傍ら東京学芸大学の非常勤講師もつとめ、後進の育成にも力を入れている。
直近では、研究知のシェアリング、コンサルティングサービスを行う株式会社A-Co-Laboにて取締役COO、肌マイクロバイオームを用いた事業を行う株式会社ユーブロームの執行役員として、研究経験を強みに事業推進にも従事している。

菊池 裕介

日本電気株式会社 AgriTech事業開発室
博士(農学)
ONE JAPAN 大企業挑戦者支援プログラム「Change」メンター

1987年大阪生まれ。2015年北海道大学大学院 農学院 応用生物科学専攻 修了。現職では大規模農場分析サービスの事業開発およびコア技術(作物生育シミュレーション)の研究開発を担当。経済産業省&JETRO主催『始動 Next Innovator』2019年度シリコンバレー派遣メンバ。自身を含め、研究開発成果の事業化に苦労する研究者を間近で見てきた経験から、社内外で技術起点での事業開発支援活動に取り組んでいる。flaskoプロジェクトでは主に技術担当。メインの開発言語はPython/JavaScript。

山本 春秋

出版社勤務
科学好きWebエディター

1975年東京生まれ。東京大学文学部卒(心理学)、デジタルハリウッド大学院修了。書籍・雑誌編集、Webメディア運営、デジタルコンテンツ開発などマルチに手掛ける。文科系ではありながら科学への憧れとポピュラーサイエンスへの関心が高く、flaskoという場を通して理科系のユニークな才能や文章の書き手に出会えることを期待している。

flasko supporter

Co-Lab.
株式会社A-Co-Labo

and more…